言葉の問題をサポート|nlpを学ぼう|現代に欠かせない技術が身につく

nlpを学ぼう|現代に欠かせない技術が身につく

レディー

言葉の問題をサポート

ノートとペン

活躍の場が広がっています

言語聴覚士とは言葉や聞こえなどコミュニケーションに問題がある人に対してサポートを行う職業です。1999年に国家資格となった比較的新しい専門職で、日本には約2万5千人の言語聴覚士がいるとされています。しかし、言葉に関する障害を持つ人は約650万人おり、言語聴覚士は不足している状態です。そのためこれから活躍の場が広がると期待されています。具体的な業務内容は検査や訓練です。例えば、脳卒中により失語症や聴覚障害、発声の障害が起こった患者に対し、検査によってその程度を判定します。その後医師の判断を受け、発生のためのトレーニングやカードを用いた訓練などにより患者のコミュニケーション能力を改善させます。また、食べ物をうまく飲み込めない嚥下障害の訓練も行います。

医学的な知識が問われます

言語聴覚士は国家資格であるため、国家試験に合格する必要があります。国家試験の受験資格は、大学・大学院の専攻科や専修学校など指定された学校を卒業することで得られます。学校を卒業すれば、年に1回、2月に行われる筆記試験を受験します。合格率は新卒者の場合約80%となっており、授業で受けた内容をしっかりと理解して入れば合格できる程度です。国家試験では基礎医学や臨床医学、臨床歯科医学など医学的知識が多く問われます。そのためこのような知識をきちんと学べる学校を選ぶとよいでしょう。加えて、座学だけではなく実習にも力を入れている学校を探すことも重要です。主な就職先としては、病院や老人ホームが多いようです。またが小中学校などで児童を対象に仕事をすることもあります。